第二新卒で転職する際に知っておきたいことまとめ

第二新卒転職で知っておきたいことまとめ

第二新卒で転職・就職を考えている人にとって、はじめての転職活動に不安を覚えることは当然です。転職が昔よりも当たり前になり、新卒入社3年で3割辞める時代と言われて久しいですが、何度も職場を転々とするジョブホッパーにはならないようにしたいところです。

第二新卒で転職を考える上で知っておいた方が良いことは何か?第二新卒の転職で失敗するケースはどんなケースなのか?これを読んでおけば、第二新卒の転職活動を自信もって取り組めるようになる内容を網羅してみました。

第二新卒とは?会社によって定義が異なる可能性も。

第二新卒とは、一般的には新卒でどこかに就職した後に3年未満で転職をしようとする人を指します。ただ、厳密な定義があるわけではないですし、会社によって認識や対応が違うこともあるので注意が必要です。

既卒という場合には、主に新卒入社での就業経験がない人を指すことが多いようですが、広義においては、就業経験が極端に短い第二新卒も既卒と言えるかもしれません。

就業経験が1年程度の人は迷わず、第二新卒と名乗って良いと思うのですが、2年目・3年目の世代の方々は場合によっては第二新卒と名乗らない方が良いケースもあるかもしれません。第二新卒枠で入社すると新卒と同様の扱いになるという不利もあることを知っておくと良いと思います。

第二新卒での転職はありか?なしか?

辞めない方が良い理由を成長カーブ理論から考える

第二新卒で転職するのを踏みとどまった方が良い理由もあわせて書いておきます。

社内のピラミッド構成が高齢化して上がつまっている状態で、2年目も10年目も同じような仕事をしている職場だったら、早期で辞めることを考えるのもありな気がします。

実際に伝統的大手企業の若手の転職理由の多くが「10こ上の先輩も同じような仕事をしていた。先が見えた上に成長がないと感じた」というものも多いです。

一方で、ベンチャー企業や新興の成長企業などでは、若いうちに任される仕事も多く、逆に成長カーブを速く上りすぎたがために、3年目あたりで踊り場感を持つ人もいるようです。この場合も転職に走るケースがあるのですが、これは少し勿体ないと感じるケースも多いです。

というのも、成長カーブというのは、いくつか存在するからです。1つ目の成長カーブは、否が応でも向き合うことになる最初の坂道なわけで、誰でも見つけることができる坂です。最初の1年・2年はその坂を上ることがある種の成長実感になるし、まず上らなきゃとなるので無心でやれます。

1つ目の成長カーブを上り切った先に一時的に踊り場が来るものですが、問題は自分で2つ目の坂を見つけられるか?です。これが見つけられずに、安易に外に目を向けて、未経験の低地に飛び込みわかりやすい坂を見つけて成長実感を取りに行くケースが多いのです。

成長カーブの踊り場

本当に高みに上りつめる人は、踊り場の中でも自分で次の山を設定して坂を見つけ出して能動的に上り続けられる人です。この「今までやってきたフィールドの先に、自分で2つ目以降の成長カーブを設定できる力」の有無が、ある一定のレイヤー以上に上がれる人とそうじゃな人を分ける要因なのです。

逆に言えば、今いる組織の中で、どうしても成長カーブを見つけるのが難しいし、10こ上の先輩も大差がないみたいな閉塞感を感じるなら、フィールドを変えるのも手ですし、むしろ有効な打開策になり得るかもしれません。

第二新卒での転職や起業の経験者の成功事例はたくさんある

第二新卒における転職に難しさがあるとすれば、やはり世間一般的には1-2年未満で短期離職をする人に対しては、本人の根性・忍耐力が足りないなどと批判されることがあります。相談する相手からも「もう少し辛抱した方が良い」とアドバイスを受けることも多いかもしれません。

ロジカリー編集部の独自調査によると、今活躍している起業家や経営者の人の中には、いわゆる第二新卒での転職経験者が多いことがわかっています。以下に主に起業家やベンチャー経営者を中心にその一例を示します。

会社名・役職とお名前 新卒から第二新卒の転職動向
サイバーエージェント常務・
中山豪さん
98年4月住友商事→99年8月サイバーエージェント
サイバーエージェント取締役・
曽山哲人さん
98年4月伊勢丹→99年4月サイバーエージェント
グリー代表・田中良和さん 99年4月ソニーコミュニケーションネットワーク→00年2月楽天
DeNA代表・守安功さん 98年4月日本オラクル→99年11月DeNA
エス・エム・エス創業者・
諸藤周平さん
00年4月キーエンス→01年9月ゴールドクレスト
ユーグレナ代表・出雲充さん 02年4月東京三菱銀行→03年5月ムーサ・ドットコム
クラウドワークス代表・
吉田浩一郎さん
99年4月→01年1月リードエグジビジョンジャパン
イトクロ代表・山木学さん 02年4月リクルート→04年4月カカクコム
PR TIMES代表・山口拓巳さん 96年4月山一證券→97年4月ガルフネットコミュニケーション
デファクトスタンダード代表・
尾嶋崇遠さん
02年4月国際証券→03年9月インタートレード
デジタルアイデンティティー代表・
中村慶郎さん
98年4月野村證券→99年4月モルガン・スタンレーグループ
Fringe81代表・田中弦さん 99年4月ソフトバンク→99年10月ネットイヤーグループ
freee代表・佐々木大輔さん 04年博報堂→06年CLSA Capital Partners
ユニラボ代表・栗山規夫さん 03年4月三菱商事→04年9月DeNA 

転職ではないですが、起業もしくは実家の事業を継ぐみたいなパターンまで含めると、下記のような偉大な経営者も新卒入社後に短期で離職しています。

ファーストリテイリング・柳井正さん(ジャスコ(現・イオン)を9カ月で退職)
サイバーエージェント・藤田晋さん(97年4月インテリジェンス→98年3月サイバーエージェント設立)

こういうのを確証バイアス(自分に都合の良い情報だけをフィルタリングする)というのですが、「石の上にも3年だろ!」と叱られがちな皆さんに、新卒で入った会社を短期で辞めても成功している人がいるんだと知ってもらうことで、少しは正当化する材料にはなりますよね。

もちろん、経営者・起業家の多くが第二新卒で転職しているとか、短期で離職しているというわけでは当然なくて、多くの人が1社目の会社を3年以上働いているケースの方が多いと思います。

ただ、意外と第二新卒で転職している人や起業している人でも、成功している人も結構いますよ、という情報でした。

第二新卒が転職エージェントを使う際の注意点

第二新卒の候補者を軽視するエージェントもいる?

いざ、第二新卒で転職を考えて行動しようとしたときに、まず自分で企業を探そうとすると思います。でも、意外と求人ページの応募要件を見ると「実務経験3年以上」とか書かれている求人が多くて困った、、なんて壁にぶちあたることも多そうです。意外と応募できる求人少ないんじゃないかと途方に暮れるかもしれません。

そこで、有効な手段としては、転職エージェントに相談するのは一つの方法です。周知のとおり、転職エージェントのビジネスモデルは、候補者は無料、採用企業側が紹介フィーをエージェントに払う形です。フィーが余分にかかるので直接応募よりも採用されにくいのでは?と思うかもしれませんが、昨今の求人倍率・売り手市場を考えると心配無用です。

もちろん紹介フィーが惜しいと感じる企業があるのも事実ですが、逆に紹介フィーをけちって採用見送られるレベルなら、その会社に入らない方が正解かもしれません。(そこまで自分が求めらえれていない可能性や、採用フィーをけちる企業姿勢の問題、フィーが払えないほどの財務体力の疑い、などなどの要因から)

ただ、注意しなければいけないのは、エグゼクティブ層・中堅層をメインに扱う人材紹介会社に相談した場合、第二新卒層の候補者はあまり魅力的な候補者になりにくい点です。年収×何割というフィーの設定の仕方なので、高年収帯に強みがあるハイクラスエージェントだと第二新卒層はあまりちゃんと扱ってもらえない可能性があります。

じゃあ、第二新卒に強い会社ってあるの?

一方で、第二新卒に強いとアピールしているサービスも一部あるようです。ただ、ページのクリエイティブなどを見ていただくとわかると思いますが、その多くはどちらかというとフリーターや就職失敗組のブラック中小企業の若手層向けにサービスをやっている会社も多いです。

その場合、紹介される求人案件の求人レベルや質が、皆さんが求めるようなレベルではない可能性もあるので注意が必要です。とにかく正社員で働きたい、というレベル感でまず問題意識を持っている人にとってのサービスと、正社員は前提というか当たり前で、できるだけ自分の成長フィールドを求めたいし、レベルの高い仕事場で働きたいという人にとって必要なサービスは明確に違います。

まとめ:第二新卒で転職を考える際に頼りたいサービスの紹介

以上を踏まえて、第二新卒の転職にあたっての、おすすめのサービスを紹介したいと思います。

まず、前提として、大手人材紹介サービスのリクルートエージェント第二新卒の転職特化のマイナビジョブ20’sDODAエージェントサービスなどは、登録してみても損はないと思います。そこで満足できる人や、そもそも大手じゃないと信頼できないと思っている警戒心の強い人は上記3つを中心に相談してみるのが良いかもしれません。

あとは若年層特化で特徴があるサービスとして、営業カレッジという営業研修と組み合わせて転職支援をするジェイックや、既卒・第二新卒専用の就職サポートをしている第二新卒ナビ第二新卒向け就職支援サイト「いい就職.com」などがあります。どちらかというと、フリーターや就職失敗した人でも正社員目指して就職できますよという打ち出しなので、自分に自信のない人にとっても頼りになる良いサービスかもしれません。

IT系以外の業界の人で、IT領域に行きたいという人は、元々IT専門のエージェントで最近、総合転職エージェントとなって勢いのあるワークポートも、ワークポートNEXTという若手第二新卒向けのサービスを持っているのでおすすめです。

ある程度自分に自信はある前提で、成長フィールドを求めたい、スタートアップやメガベンチャー、ミドルベンチャー、もしくは少数精鋭のコンサルティングファームやベンチャーキャピタル、投資会社などで勝負してみたい、といった層の人向けにおすすめしたいのは、Goodfind Careerです。

東大・早慶・MARCHなどの上位校の出身であれば一度は名前を聞いたことがあると思いますが上位校向け就活サイトGoodfindが、Goodfind Careerという転職支援サービスをやっているのはまだ意外と知られていません。新卒紹介の中でも厳選されたハイクラスな良質な求人案件を扱っているGoodfindならではの厳選した求人を紹介する姿勢が特徴です。

内定のハードルが高い会社が多いので万人にはおすすめできません。

以上、長文となりましたが、第二新卒での転職を考えている皆さんの少しでも参考になれば幸いです。キャリアは自分で創るものですし、した選択が正しかったを考えるよりも、した選択を正解にする努力を前を向いてし続けるのが大切だと思います。皆さんの幸運を祈っています。

第二新卒転職で知っておきたいことまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です